紫外線LEDテープ

2016/07/13

「ブラックライトをLEDテープで作れないか」というお問合せをいただくことがありました。

000000000665.jpg
紫外線UV 5050(5060) 3chipLED(370-380nm)

そこで、上記の紫外線UV チップLEDを用いたLEDテープを製作いたしました。

000000000666.jpg
DC5V 8mm幅5050紫外線(UV)LEDテープ(370-375nm) 50mm/3個LED

000000000666_2.jpg

370-380nmのピーク波長を持つため、画像上側にある横三本線で引かれた蛍光ペンの蛍光物質、
これを反応させるだけではなく、画像下側のように紙幣の偽造防止インクを反応させることもできます。

また、3chip内蔵の5050サイズの紫外線UV LEDを使用しているため
十分な紫外線放射強度も持ちます。

蛍光物質を反応させるという点だけに注目しますと、400nm前後の波長を持つLEDでも
同様に蛍光物質を反応させることができます。

例を挙げますと、415-420nmの波長を持つ5050紫色チップLEDとそれを使用したLEDテープがあります。

000000000620.jpg
紫色 5050(5060) 3chip LED

000000000579.jpg
【UV-Aが】 DC5V 8mm幅 5050 紫色 LEDテープ 415~420nm 【隠し味?】

上記のLEDテープを用いて蛍光物質に光を当てますと

000000000579_2.jpg

400nm以下の紫外線波長を持つチップLEDと同様に蛍光物質を反応させることができます。
また、5050チップLEDだけでなく405-410nmの波長を持つ3528チップLEDの紫色でも同様に反応いたします。

012004000008.jpg
紫色(405~410nm) 3528 チップLED Typ(120°150mcd)

012004000008_2.jpg
ピンセット型ハンディLEDチェッカーを用いて点灯しています。

これまでと同様に蛍光ペンの蛍光物質が反応していることがわかります。
青色のチップLEDにおいても460nm~の波長を持つため、反応させる蛍光物質によっては
ブラックライトのように蛍光物質が反応するかもしれません。

※紫外線LEDテープ等は肉眼には見えませんが、紫外線光が放出されています。
 目の健康に悪影響がありますので、発光中のUVLEDを決して直視しないで下さい。
※蛍光物質により反応は様々です、画像の例のように強く反応を示さないものもございます。

記事一覧

201504201631_1.jpg